延命治療を行うのか決める時に必要な事

現代は高齢化社会です。
病気を患った高齢者は増加する一方であり、自分の人生の終わり方を終活として決めておく事の重要性が強調されています。
これまで時代では、延命治療を行う事は患者の家族が決める事が多くありました。
これは患者自身の医師の疎通が出来なくなった場合は、少しでも生きていて欲しいと願う家族が、延命治療を希望する事が多かったためだと言われています。
また、死について語る事をタブーとしてした風潮があった事も一因とされています。
そのため、終活の過程で家族や医師に延命治療を受ける意思があるのかを伝えるよう言われています。
しかし、その意思決定をするためには延命治療とはそもそも何なのか、どのような事をするのか、メリットデメリットなどを知っておく必要があります。
その知識があれば、一度延命治療を拒否からと言っても、病状の変化や医療技術の進歩によって選択を変更する事も可能となります。
初めから延命治療は必要ないものと決めつけるのではなく、きちんとした知識を身に付けた上で決定するようにすることが大切です。